< DFS.COM にアクセス
リウ・ウェン
モデル&ワールドトラベラー

Vogue誌の表紙やEstée  Lauder初のアジア人スーパーモデルとして活躍中のリウ・ウェンさん。
ランウェイでもひっぱりだこの彼女が心のトラベルジャーナルをなぞって、旅について語ってくれました。
DFS独占です。
モデル&ワールドトラベラー

Vogue誌の表紙やEstée  Lauder初のアジア人スーパー
モデルとして活躍中のリウ・ウェンさん。
ランウェイでもひっぱりだこの彼女が心のトラベル
ジャーナルをなぞって、旅について語ってくれました。
DFS独占です。
写真:エスティローダー用にギャランス・ドレが撮影
今すぐ出発
今すぐ出発
写真:エスティローダー用に
ギャランス・ドレが撮影
人物紹介
パリのランウエイでも
Vogueの撮影でも、国境を越え、
すいすいと世界を渡ることにかけては、
スーパーモデルのリウ・ウェンさんこそが達人と
呼ぶにふさわしい存在。
エスティローダーが初めて起用したアジア人の
スーパーモデル、リウ・ウェンさんは、
今日のファッション業界でトップクラスの注目を集めるモデルであり、インスタグラムや
Weiboだけでもフォロワー数が1500万を
超えるという超絶的な人気を誇ります。
北京からバリ島まで、旅の達人であるリウさんが
心のトラベルジャーナルを開き、
大事に思っている場所について、
DFSだけに語ってくれました。
パリのランウエイでもVogueの撮影でも、
国境を越え、すいすいと世界を渡ることにかけては、
スーパーモデルのリウ・ウェンさんこそが
達人と呼ぶにふさわしい存在。エスティローダーが
初めて起用したアジア人のスーパーモデル、
リウ・ウェンさんは、今日のファッション業界で
トップクラスの注目を集めるモデルであり、
インスタグラムやWeiboだけでもフォロワー数が
1500万を超えるという超絶的な人気を誇ります。
北京からバリ島まで、旅の達人であるリウさんが
心のトラベルジャーナルを開き、大事に思ってい
る場所について、DFSだけに語ってくれました。
あなたにとって、
旅とは
そうですね、
息抜きと頭の中の
リフレッシュかな。
もっとインスピレーションを
見つけたり、まったく新しい
人生の旅を始める
チャンスとも言えますね。
そうですね、
息抜きと頭の中の
リフレッシュかな。
もっとインスピレーションを
見つけたり、まったく新しい
人生の旅を始める
チャンスとも言えますね。
私の仕事になくてはならないものは、
おそらく旅だと思うんです。
モデルとして、私はいつもいろいろな国を
訪れるのですが、新しい環境で、
新しい人々と一緒に働き、新しい文化に
ついて学んでいます。
仕事にはたくさんの段階がありますが、
「現地に行く」ことは最初の一歩であり、
一番重要なことですね。
私の仕事に
なくてはならないものは、
おそらく旅だと思うんです。
モデルとして、私は
いつもいろいろな国を
訪れるのですが、
新しい環境で、新しい人々と
一緒に働き、新しい文化に
ついて学んでいます。
仕事にはたくさんの段階が
ありますが、「現地に行く」
ことは最初の一歩であり、
一番重要なことですね。
魂の
ごちそう
中国には「民以食为天(民は食をもって天と為す)」
という故事があります。これは、「食べ物を最重要事項に
する」という意味なのですが、私も現地の食事を
楽しんで新しい土地を知ることが大好き。
それに、現地の人とつながるほど、その土地や
生活についても多く学ぶことができますよね。
これも訪れた土地を知るよい方法だと思います。
中国には「民以食为天(民は食をもって
天と為す)」という故事があります。
これは、「食べ物を最重要事項にする」
という意味なのですが、私も
現地の食事を楽しんで新しい土地を
知ることが大好き。それに、
現地の人とつながるほど、その土地や
生活についても多く学ぶことが
できますよね。これも訪れた土地を知る
よい方法だと思います。
空の上では
空の上では
実はどこに行くにしても、
何も期待しないように
しているんです。予想外の
ステキなサプライズが大好き
なんです。ですから、
今まで訪れた場所は
全て私の期待を超えて
いますね。
実はどこに行くにしても、
何も期待しないように
しているんです。予想外の
ステキなサプライズが大好き
なんです。ですから、
今まで訪れた場所は
全て私の期待を超えて
いますね。
写真:エスティローダー用にギャランス・ドレが撮影
写真:エスティローダー用にギャランス・ドレが撮影
旅の身だしなみ
必ず歩きやすいスニーカーを
履いて、長時間の移動もラクに
動けるようにしています。
足下以外には、寒いときに
冷たい風をしのぐスカーフや、
日差しを防ぐ帽子を/忘れないように
しています。
フライト中の
過ごし方
WHAT I
BROUGHT BACK
長いフライトでは、読書や軽い食事、
映画鑑賞を楽しみます。フェイスマスクの
パックも欠かせません!
あなたに
いてほしい
直近のバケーションは、
友達みんなでバリ島へ。
そこで一足早く春節をお祝いしました。
春節の対句を書いたり、
ランタンを下げたりしたのですが、
素敵な人たちとお祝いできて
とても楽しかったです。
直近のバケーションは、友達みんなでバリ島へ。そこで
一足早く春節をお祝い
しました。
春節の対句を書いたり、
ランタンを下げたり
したのですが、
素敵な人たちとお祝いできて
とても楽しかったです。
バリ島は、穏やかな空気の中に
力強いエネルギーが満ちあふれていて、
他にはない特別な場所。美しく、
落ち着いた夕日を眺めている間も、
一日がまだ始まったばかりみたいな
気持ちになります。
バリ島は、
穏やかな空気の中に
力強いエネルギーが
満ちあふれていて、
他にはない特別な場所。
美しく、落ち着いた夕日を
眺めている間も、
一日がまだ始まったばかり
みたいな気持ちに
なります。
写真:エスティローダー用にギャランス・ドレが撮影
写真:エスティローダー用にギャランス・ドレが撮影
いつもの
お手入れ
まずはモチベーションを忘れずに。
バケーション中だからって、
いつものお手入れを
サボっていいことにはなりません。
旅での
すぐれもの
お肌のお手入れといえば、クレンジングと保護が
一番重要なステップ。だから私はエスティローダーの
アドバンス ナイト マイクロクレンジングバームを
必ず持っていきます。スーツケースに入れて
持ち歩きしやすいところもいいですよ。同じく
クレッセントホワイトBB クリーム& ブライトニングバームは、
SPF50で将来の肌へのダメージから守ってくれます。
お肌のお手入れといえば、
クレンジングと保護が
一番重要なステップ。
だから私はエスティローダーの
アドバンス ナイト
マイクロクレンジングバームを
必ず持っていきます。
スーツケースに入れて
持ち歩きしやすいところも
いいですよ。同じく
クレッセントホワイト
BB クリーム& ブライトニング
バームは、SPF50で将来の肌への
ダメージから守ってくれます。
リフレッシュ
入門
#1 TRAVEL
TIP
それからフェイスマスクもいくつか
持っていきます。リラックスタイムが
必要な時にちょうどいいんです。
最近は、アドバンス ナイト リペア
パワーフォイル マスクを使っています。
面白いセルフィーも撮れるので!
忘れられない
彼の地
忘れられない
彼の地
世界で一番好きな場所は、
雲南省の北西に位置する
シャングリラ市ですね。
古くからの建築物の他にも、
美しい地平線の彼方まで広がる
高原も本当に大好きです。
世界で一番好きな場所は、
雲南省の北西に位置する
シャングリラ市ですね。
古くからの建築物の他にも、
美しい地平線の彼方まで
広がる高原も本当に
大好きです。
写真:エスティローダー用にギャランス・ドレが撮影
写真:エスティローダー用にギャランス・ドレが撮影
私の  
#旅の必需品
1. 自分のパジャマとスリッパ。
うんと遠いところまで旅に出ていても、
ホテルで自分のものを身につけていると、
自宅にいるような気分になりますから。
2. スキンケアの必需品とフェイスマスク。
どこにいても、お肌のお手入れはしない
といけませんよね。
3. 本は寝る前の最高の友。今は
東野圭吾さんの『ナミヤ雑貨店の奇蹟』を
読んでいます。
4.トラベルサイズのキャンドル。
自宅で親しんだ香りが漂うと、
よく知らない場所にいることを
忘れちゃいますから。
5. ノート。デジタルの時代に生きていますが、
私自身、まだ何かを書き留めることが
多いのです。
パッキングの
ヒント
大きめのバッグを手荷物にしますが、
目一杯詰め込みません。
必要なものだけにします。
旅先で買うもののために、
スペースを残しておきましょうね!
でも、預けた荷物がなくなってしま
うのは、本当にがっかりしちゃいます。
大事なこと
ひとり旅なら、あなたが今どこにいて、
何をしているのか、
大切な人たちに連絡を
怠らないようにしましょう。
忘れそうなこと
#1 TRAVEL
TIP
お恥ずかしいのですが、
必要なものを全部本当に
パッキングしていても、
いつも何か洋服を
忘れたんじゃないか、
靴がそろってないかもと
心配になります。
秘密の
おみやげ
訪れた国や都市をモチーフにした冷蔵庫用の
マグネットを集めているので、
必ず買っています。
訪れた国や都市をモチーフにした冷蔵庫用の
マグネットを集めているので、必ず買っています。
これから
行きたいところ
アイスランド!半分凍っていて、
半分温かい温泉に浸かってみたいとずっと思ってるんです。
アイスランド!半分凍っていて、
半分温かい温泉に浸かってみたいと
ずっと思ってるんです。
DFS.COM ›
ストーリーをシェア
トップに戻る