ロード中です...
目的地のストアを探す DFS エアポート ロサンゼルス
目的地のストアを探す DFS エアポート ロサンゼルス

他のストアをお探しですか?国旗をクリックしてください。

目的地のストアを探す DFS エアポート ロサンゼルス 他のストアをお探しですか?国旗をクリックしてください。

サプライチェーンの透明性

DFSグループL.P. (以下「DFS」という) は、企業の運営において、道徳上および倫理上の価値観を順守します。弊社のサプライヤーも同一の価値観を尊重し、順守していただけるものと考えております。 2010年に制定されたカリフォルニア州サプライチェーン透明性法 (以下「本法」という) によって、カリフォルニア州に拠点を置いて運営する小売業者は、自社のサプライチェーンにおける奴隷労働および人身売買を根絶する取り組みを開示することが求められます。DFSは本法の下、以下の情報を開示いたします。 DFSは、自社のサプライヤーが製造する製品がいかなる人身売買や奴隷労働にも関わっていないことについて十分な信頼性を得るために、自社のサプライチェーン (個別のサプライヤーの組織、評判、および企業の歴史を含む) を慎重に検証してきました。この検証は、第三者によって実施されたものではありません。 すべてのDFSのサプライヤーは「DFSサプライヤーの行動規範」の承諾を証明することが求められます。この行動規範では、サプライヤーが特に強制労働や児童労働を使用することを禁じています。DFSは、サプライチェーンで人身売買および奴隷労働を防止するDFSの基準をサプライヤーが順守しているかどうかを評価するために、独立した、予告なしの監査を行っているわけではありません。しかし、DFSはサプライヤーとの定期的な対面のミーティングにて、サプライヤーが製品製造の際に奴隷労働および人身売買を利用していないとの確約を要求しています。サプライヤーがそのような確約ができない場合、または確約が虚偽ではないかとDFSが疑う根拠を与える状況がある場合、DFSは第三者の監査による独立した確認を求めます。 DFSは直接取引しているサプライヤーに対して、サプライヤーが事業を営む国において、製品に使用される原材料が該当国の奴隷労働および人身売買に関する法律に従っていることを保証するよう求めています。 DFSは、従業員および契約社員が奴隷労働および人身売買に関する自社の基準を満たせなかった場合の、社内の説明責任基準と手続きを保有しています。 DFSは、自社の従業員および経営陣はサプライチェーン管理において直接的な責任を負っているため、人身売買および奴隷労働について、特に製品のサプライチェーンでリスクを軽減するためのトレーニングを実施しています。

お友達に伝える

気に入っていただけましたか?共有してみましょう。スタイリングのヒントやおすすめを送信するには以下のフォームに記入するだけです。送信ボタンを押すと、お友達はすぐあなたのおすすめスタイルを確認することができます。

必須項目*

250字のうち残り250 文字
validation-image
Loading

どのストアをご希望ですか?

国を変更された場合、ウィッシュリストに保存されたアイテムは取り消されます。

シンガポールとムンバイの空港 では、「ショップ&コレクト」がご利用いただけます。
ショップ&コレクト