Casadei | ブランド

DFSアカウントにアクセス

現在ご覧になっているサイト:

グローバル
お客様のアカウントを削除しました。
グローバル Casadei Casadei,Fashion & Accessories
チェーザレ・カサディ(Cesare Casadei)の人生と、彼が現在クリエイティブディレクターを務めるフットウェア会社のストーリーは、互いに密接に結びついているため切り離して考えるのは困難です。1962年、チェーザレは、クイント・カサディとその妻フローラの間に誕生しました。カサディ夫妻は職人で、1958年にリミニの郊外でカルツアツリフィコ・カサディ Calzaturificio Casadeiを創業しました。ここでは当初、観光客用のサンダルを製造していましたが、後にイタリア国内市場や世界市場に参入。チェーザレには、境界というものがありません。彼の家、工場、革を保管している倉庫には、壁がないのです。試作品、製造部門、熟練職人、専門職人の間で万事がスムーズに流れ、その靴の名が広く知られている傑作の数々が生み出されます。チェーザレは、スイスにある学校で学生時代を過ごし、国際教育を受けました。それは70年代のことで、革命と改革の時代でした。旅、自由の探求、そして新たな世界を見つけたいという願望が、彼に最大のインスピレーションを与えてくれたものでした。両親の事業に対する情熱を胸に、彼は自分のルーツに立ち返って彼らの事業への参加を決意。そこで彼は80年代半ばに、経験豊富な10名の従業員チームと共に、同社で自身の製品ラインの製造をスタートしました。彼のキャリアにおいて最も困難で、最も成長著しい時期でもありました。彼の仕事が本格化し、サプライヤーとの関係がさらに複雑になり、彼のフットウェアの製造が着実に増え始めたのです。彼はユニセックスなスタイルからスタートし、次にカジュアルなフットウェアの製造に進みました。その後、ついに自分の創造力の極みに達し、驚異的で素晴らしい作品の製造にたどり着きました。彼は試行錯誤を重ね、失敗や成功から多くのことを学び、カサディスタイルの美学を確立していきました。この美学は、今まで使われたことのない技術と素材に取り組むという飽くなき実験の可能性や必要性から導かれたのです。1990年に、カサディは初のショールームをミラノにオープン。1994年には、チェーザレが同ブランドのクリエイティブディレクターに就任しました。この頃は、彼のキャリアにおいて、最もデリケートで困難な過渡期だったと言えるでしょう。この時代には、ファッションのシステムが劇的に変化しており、市場のグローバル化に伴い新たなノウハウが必要になりました。長年の製造経験と、サプライヤーや小売店との直接的な関係を併せ持つチェザーレは、会社をさらに高いレベルへと導き、他のデザイナーには対抗できない水準のクオリティを実現しました。現在、チェザーレは経験豊富なデザイナーチームと緊密に連絡を取りながら仕事をしています。彼は同僚の卓越した職人技術だけでなく、製造工程で使われる最新の製造システムも頼もしいものだということも理解しています。いずれも「Made in Italy」だけが約束できる、真の宝とも言うべき創造の要なのです。靴はすべて自社製造で、使用される原材料の大半は、このブランド用に特別に作られたものです。しかし、チェザーレは、彼の創造意欲の主な源泉について次のように話しています。「私たちの作品を履いている女性を見たときに感じる説明しがたい喜びです。その瞬間、私がこの素晴らしい事業に費やしている莫大な努力と情熱を、靴の魔法が伝えてくれるのです。」

お取り扱いショップ

大西洋を横断する旅でも、都会の喧騒を感じる旅行でも、旅に出たら当社を表す赤い丸のマークを探して、ファッション&アクセサリー、化粧品&フレグランス、ウォッチ&ジュエリー、ワイン&洋酒、フード&ギフトから世界最高のアイテムを取り揃える環境でのお買い物をご堪能ください。