軽井沢Karuizawa | ブランド

DFSアカウントにアクセス

現在ご覧になっているサイト:

グローバル
お客様のアカウントを削除しました。
グローバル Desktop_492x500_5.jpg

軽井沢1960 樽番号5627

グローバル 軽井沢Karuizawa 軽井沢Karuizawa,
浅間山の裾野に広がる日本有数の高原リゾートに1955年建設。蒸留所の所在地として日本一の高さを誇る。伝統へのこだわり:オレゴン松を使ったウォッシュバック(発酵槽)と小型(4,000リットル)のポットスチル、スペイン産のシェリー樽熟成。恐らく、最も費用のかかるウィスキー製法。壮大で、香り高く、スモーキー、フルボディ、シェリー樽使用。「荒くれ男を思わせるコク」と評価された。1988年103番カスクが2007年のモルトマニアックスアワードのジャパニーズウイスキー部門で優勝。蒸留所には3つの貯蔵庫があり、ほぼシェリー樽が占めていた。大麦はスコットランドより輸入。1994年よりゴールデンプロミスのみを使用。程よいミネラル分を含んだ浅間山の湧き水を使用。

お取り扱いショップ

大西洋を横断する旅でも、都会の喧騒を感じる旅行でも、旅に出たら当社を表す赤い丸のマークを探して、ファッション&アクセサリー、化粧品&フレグランス、ウォッチ&ジュエリー、ワイン&洋酒、フード&ギフトから世界最高のアイテムを取り揃える環境でのお買い物をご堪能ください。