DFS限定:バーバリーのクリストファー・ベイリーが語る、ロンドン、旅、そしてDFSとのスペシャルコレクション

Global Menu
Search

現在ご覧になっているサイト:

グローバル
DFSアカウントにアクセス

DFS限定:バーバリーのクリストファー・ベイリーが語る、ロンドン、旅、そしてDFSとのスペシャルコレクション

グローバル Burberry-26.08.20160004_V2.jpg
グローバル 2nd_march_2015.jpg
グローバル 2015_EVENT_LA_PRESHOW_MONDAY_13_APRIL_INSTAGRAM_02.jpg
グローバル 2015_STORE_IMAGES_VIGO_STREET_UNCROPPED_RGB_16.jpg
グローバル 2016_HERITAGE_MOORS_RGB_CROPPED_13.jpg
グローバル GH9A5334Thomas's.jpg
グローバル LONDON_FROM_PLANE_WALL_HM.jpg
グローバル Serpentine.jpg
グローバル night.jpg

DFS限定:バーバリーのクリストファー・ベイリーが語る、ロンドン、旅、そしてDFSとのスペシャルコレクション
9月21日、バーバリー (Burberry) がDFS & Tギャラリアのためだけに製作したスペシャルコレクションが発売となります。そして、バーバリーは同ブランド史上初めて、ロンドン・ファッションウィークでの新作コレクション発表と同時に、登場したアイテムを全世界で購入できるシステムを導入します。

「DFSはバーバリーにおいても大切なパートナー。今回のセプテンバーコレクションでも大きな存在感を示してほしいと思っていたんです。両社のコラボレーションには、ランウェイに登場する要素を盛り込みつつ、DFSのためだけにデザインしたアイテムが登場します」— バーバリー、CEO兼CCO (チーフクリエイティブオフィサー)、クリストファー・ベイリー氏

ヴァージニア・ウルフの小説『オーランドー』にインスピレーションを得た新作は、歴史上のさまざまな時代を横断してマスキュリンとフェミニンという対照的なスタイルを表現したコレクション。DFS & Tギャラリア限定のコレクションにもそのデザインコードが貫かれています。

バーバリー:DFS & Tギャラリア限定コレクションが登場

DFSとの独占インタビューで、クリストファー・ベイリー氏は、自身と旅との関わりやロンドンのこと、そして新作コレクションについて語ってくれました。 

あなたにとって旅とは? 
「旅は僕の人生で重要な位置を占めているよ。プライベートでも、仕事でも。今まで関係している場所や人を訪ねてこれたことを、とても恵まれていると感じているんだ。旅も、その旅が僕を導いてくれる場所も、ずっと変わりなくインスピレーションの源であり続けるだろうね」

一番心を動かされた旅はどんな旅ですか? 
「ひとつだけ選ぶのはすごく難しいな。愛すべき旅はいくつもあるんだけど、みんな違う理由なんだ。よく感じるのは、最終的な旅先というよりも、旅の計画と期待感が大事だということ。旅で自分が何をして、どこへ行って、誰と情報交換することができて、いつそこへいくのかということだね。今年の後半にはすごくエキサイティングな旅がいくつか控えている。中国、香港、日本にも行くから、とても楽しみにしているよ。この3つの地域は個人的に特別な場所で、素晴らしい思い出が詰まっているんだ。あとは直近の旅として、家族と週末を過ごしにヨークシャーに帰ることにするよ」 

ロンドンがあなたにとって特別である理由を教えてください。
「ロンドンは僕にとって、とてつもなく特別な場所なんだ。今でも毎日、いろいろな面でインスピレーションをくれる。建築や人、カルチャーもそうだし、博物館や美術館、公園や庭園を彩る自然もすばらしい。ロンドンが特別な街なのは、街を動かすエネルギーと創造性が大きな魅力を持っているからだと思うよ。ロンドンは僕個人の故郷というだけじゃなく、バーバリーの心臓部でもあるんだ。バーバリーの本社はウェストミンスターにあるんだけど、いかにもロンドンらしい美しい場所だよ。テムズ川があって、国会議事堂やビッグベン、ウェストミンスター大寺院が全部本社のすぐそばにある」

どこの景色が一番ですか?見るにはどうすればいいですか?
「夜にタクシーで街を見て回ることをおすすめしたい。ザ・マルからバッキンガム宮殿へ向かったり、テムズ川沿いを走ったり。ロンドンのすばらしい眺めや美しいモニュメントを全部見られる道のりだよ」

ロンドンに住んで、文化や人々についてどんなことを学んできましたか?
「ロンドンは立ち止まらない街で、そこが好きなところのひとつ。それに、最先端のアートやカルチャー、そしてデザインには歴史と伝統が寄り添っているところも気に入ってる。相反するものの対比と絶え間ない進化が、ダイナミズムとエネルギーにあふれた力強い雰囲気を作っているんだと思う」

お茶をするのにいちばんおすすめの場所は?
「今僕が気に入っているのは、Thomas’s。1日中カフェメニューを楽しめるんだけど、アフタヌーンティーは絶品なんだ!」

バーバリーがおすすめするロンドンガイド

見る
Tate Modern (テート・モダン)
The Donmar Warehouse (ドンマー・ウエアハウス)
The National Portrait Gallery (ナショナル・ポートレート・ギャラリー)
Regent’s Park (リージェンツ・パーク)
The Foyer at Claridge’s

食べる
Thomas’s at the Burberry Regent St.
The Wolseley
The Ivy 
J Sheekey
St. John’s

飲む
The Savoy Hotel
The Scotch of St. James
The Lansdowne Pub (Primrose Hill)
The Cow Pub (Notting Hill)

泊まる
Claridge’s
The Connaught
Café Royal
The Soho Hotel
Ace Hotel London Shoreditch
The Hoxton