古代の息吹と現代的な精神を感じるカンボジア

Global Menu
Search

現在ご覧になっているサイト:

グローバル
DFSアカウントにアクセス

古代の息吹と現代的な精神を感じるカンボジア

グローバル shutterstock_291131351_Crop.jpg
グローバル shutterstock_296421893_Crop.jpg
グローバル shutterstock_112817611_Crop.jpg
グローバル shutterstock_223487755_Crop.jpg

古代の息吹と現代的な精神を感じるカンボジア
カンボジア、そして賑やかな首都プノンペンは、今、世界中のトラベラーが一度は訪れたい場所として注目が集まっています。旅の目的が古代寺院遺跡が眠るジャングルや手つかずのビーチであっても、デザイナーズホテルやヌーベルキュイジーヌであっても、豊かな文化と温かいおもてなしの心が生きている国、カンボジアは、伝統的で魅惑的なその姿で東南アジアの魅力に溢れています。

プノンペンに足を踏み入れると、オシャレなカフェ文化や都会的なレストランと並んで輝くような王宮の姿やサフラン色の袈裟を目にし、地元の市場から漂うスパイスの香りにクラクラするような衝撃を受けることでしょう。

カンボジアの小さな街や都市では、古びたコロニアル様式の建築物が魅力的です。地方では、メコン川やトンレサップ湖からラタナキリ、モンドルキリ、カルダモン山脈などの人里離れた森に囲まれた高地に熱帯らしい風景が広がっています。一方、南に下がった海岸沿いでは、ラグジュアリーなパーティーモードにシフト。洗練されたビーチやひっそりとたたずみながらも美しさに言葉を失ってしまうような島々が広がります。

さて、ここでカンボジアの魔法を体験できるスポットをご紹介しましょう。

王宮: 金色に煌めくプノンペンの王宮は、1866年に建設され、カンボジア国王の住まいとされています。素晴らしい庭にシルバーパゴダなどの9つの建物があり、王宮には9,000以上ものダイヤモンドをあしらった黄金の仏像が鎮座しています。

アンコールワット: 創造性と信仰の深さが融合した姿に圧倒されるアンコールワット。12世紀に建設された古代の寺院都市はまさにカンボジアの心と魂です。美しさも保存状態も申し分なく、アンコールワットはまさに驚嘆に値する遺跡です。世界に誇る建築的偉業でもあり、中央の寺院群だけでも800メートル弱の精緻な彫刻が刻まれています。

ボコール国立公園: 広大な熱帯雨林をハイキングし、趣のあるフランス植民地跡巡りはいかがでしょうか。ボコールは、フランスに統治されていた地で、現在は統治時代の上流階級の邸宅の廃墟が残されています。

バイヨン: 天と地が交わる場所を示すとされるバイヨン。豊かな装飾が施されたこの廟は、巨大な四面仏が飾られた49基の塔が有名です。

タ・プローム: ひっそりと取り残され、無秩序に広がる修道院、タ・プロームは、樹木に覆われた部分を残しており、熱帯雨林の中に建立されていることを強烈に印象付けています。

プーム バイタン: 1万坪弱の敷地を誇るこの5つ星リゾートでは、熱帯雨林が茂る庭に自然や文化を感じられます。カンボジアの伝統的なスタイルである高床式のヴィラがあります。落ち着いた雰囲気のスパでは、トリートメントルームとマッサージもご用意があり、極上のリラクゼーションを満喫いただけます。

Cuisine Wat Damnak: 伝統的なカンボジアの味にフレンチの技法を駆使し、シェフのJoannès Rivière氏はこの国の黄金時代を彷彿とさせるイノベーティブな料理を生み出します。敷地内の庭で収穫されたハーブや野菜、地元の魚や肉を取り入れ、満足のいく料理に仕上げています。

アンコールに誕生した新しいT ギャラリア by DFSを見てみよう。