ブルーノ・グリッツォのイラストにはカンボジアの魅力がいっぱい

ブルーノ・グリッツォのイラストにはカンボジアの魅力がいっぱい

グローバル IMG_0444 (1).JPG

ブルーノ・グリッツォのイラストにはカンボジアの魅力がいっぱい
この3月にDFSは、アンコールワットの遺跡群からもほど近い、シェムリアップに待望のTギャラリア by DFSをオープンし、カンボジアにお目見えします。このビッグイベントを記念して、マルチメディアアーティストのブルーノ・グリッツォ氏に動くイラストのシリーズを制作していただきました。数世紀にわたって世界の旅行者の好奇心とイマジネーションをかきたててきた国・カンボジアに着想を得たイラストをお楽しみいただけます。

ブラジル人で、現在はニューヨークを本拠地に活躍するグリッツォ氏。水彩画や鉛筆画、ペン画で有名になる前は、カルバン・クライン、ランバン、マークジェイコブスのアトリエでファッションデザイナーとして活動していました。そして今、なめらかに流れるイラストの数々は、最新のDFSストアの雰囲気に活気を与えてくれます。

グローバル IMG_0992[1].jpg

ブルーノ・グリッツォ氏は、水彩画や鉛筆画、ペン画で有名。 

グローバル IMG_0991[1].jpg

作品のイラスト。トゥクトゥクは、カンボジアの主要な移動手段。 

新しいシェムリアップのTギャラリア by DFSを今すぐチェック