マーカス・サミュエルソンと一緒にアンコール旅行

DFSアカウントにアクセス

現在ご覧になっているサイト:

グローバル
お客様のアカウントを削除しました。

マーカス・サミュエルソンと一緒にアンコール旅行

グローバル Marcus-desk.jpg

マーカス・サミュエルソンさんは、組み合わせの探究そのもの―シェフ、飲食店経営者、ベストセラー作家、エチオピア生まれでスウェーデン育ち、ニューヨーク在住のアクティビスト、と多彩な顔を持っています。知的好奇心、文化、そしてインスピレーション開拓への情熱が、彼の世界観を形作り、旅への愛へと駆り立ててきたのです。何事にも果敢に挑む彼の精神は、『Iron Chef』、『Chopped All-Stars』、『Top Chef Masters』といったアメリカの料理対決番組でも遺憾なく発揮され、挑戦するその姿が視聴者の心をつかんできました。そんな料理の達人と一緒に、カンボジアの翡翠というべき美しいアンコールを探求してみませんか。Tギャラリア独占です。

グローバル DFS.com_Marcus_2_1_Desk.jpg
グローバル DFS.com_Marcus_2_2_Desk.jpg
グローバル DFS.com_Marcus_2_3_Desk.jpg
グローバル DFS.com_Marcus_2_4_Desk.jpg

マーカスさんとその妻、マヤ・ハイレさん。プームバイタンホテルでくつろぎます。地元のシェフとの交流で、伝統料理の作りかたを教わり、自ら麺料理にチャレンジ。材料はすべて近隣の市場で調達します。 

「カンボジアは神秘性と、得も言われぬ魅力を兼ね備えていて、行ってみたいと思っていたんです。特に妻のマヤと一緒に」と言うマーカスさん。彼にとって旅とは、世界を見る窓であり、辛抱強さ、時間、オープンマインドがあって初めて姿を見せてくれるものと出会うチャンス。「実際にその土地を訪れてみると、イメージしていた10倍、いや千倍ものことをいつも教わるんです」と、訪れる前から勝手に枠にはめてしまわないことの大切さを語ってくれました。初めて接する文化や生活様式は、精神性、言語、そしてその土地の料理を通して学ぶということなのです。

グローバル Marcus_3_desk.jpg
グローバル DFS.com_Marcus_3_2_Desk.jpg

「Mie Cafe」のシェフと会うマーカスさん。看板料理を楽しんだり、ハスのハンドメイドネックレスをお店のみなさんからプレゼントされたり。

市場でかなりの時間を過ごしつつ、バナナの葉で包んで焼いた餅米を食べたり、村々で地元の文化を満喫したりしていた2人。マーカスさん曰く「カンボジア料理は本当に優しい味だと思います。スパイスはほどほどですが、刺激はあって、ほんのりチリ風味を感じるのです。異なる次元の料理ですね。」市場を巡ると、過去と現在が融合した美しい料理が並び、その調和の取れた味わいから数百年にわたって試行錯誤を繰り返し、洗練させてきたと感じることができたのです。

そこから先の旅路も、カンボジアの新たな魅力をひもとくものでした。地元の人たちに混じって踊る舞踊への誘いや、古代の寺院を巡る落ち着いた時間によって浮かび上がる、威風堂々たる一面と親しみやすさ。カンボジアには、都市と地方、地上の喧騒と天上の楽園といった鮮やかな対称が隣り合わせに存在しており、それこそがカンボジアの美なのです。マーカスさんは、「人々は活動的ですが、時折サフラン色というか、からし色の袈裟を身にまとい、穏やかな雰囲気をたたえる僧侶とも出会います」と回想していました。

グローバル DFS.com_Marcus_4_Desk.jpg

マーカスさんの旅の必需品:バーバリー (Burberry) レザーバックパック、トムス (TOMS) 靴、ヒューゴボス (Hugo Boss) サングラス、カンボジア製スカーフ。すべて、Tギャラリア アンコールでお取り扱い中です。

長い旅は、家族や仕事についての目標を吟味したり、振り返ったりする時間をくれます。そういった思索の時間は、マーカスさんにとって長い距離を旅する中で得られる貴重なひととき。一方で、インスピレーションの源泉を貪欲に探すことも大切に考えています。カンボジアからは、スカーフや貴重な生地、チリペースト、米を市場で調達してきました。いちばん大事なものはと尋ねると、「妻と早朝に散歩して、寺院と巡り合ったこと。目の前に迫ってくる近さで、遺跡を細部まで見ることができました」と語ってくれました。

グローバル DFS.com_Marcus_5_Desk.jpg