インスピレーションを誘うフランスの美術館・博物館

Global Menu
Search

現在ご覧になっているサイト:

グローバル
DFSアカウントにアクセス

インスピレーションを誘うフランスの美術館・博物館

グローバル Paris_louvre.jpg

インスピレーションを誘うフランスの美術館・博物館
息をのむようなすばらしい景観を誇る場所が点在するヨーロッパの大国、フランス。豊かな歴史と詩情をまとい、伝統様式と活発なアートシーンに支えられた街があちこちに息づいています。フランスへの旅の楽しみは皆違うはずです。ボルドーの夕焼けを見ながらワインを飲む。地中海沿岸をヨットで進む。パリでピンヒールを買い求める。どんな目的で訪れるにせよ、世界でも突出して優れた展示を見に行ってこそ、フランスを楽しめるというもの。ここからは、フランスの洗練された街にある、おすすめの美術館・博物館をご紹介します。

まずは新顔のワイン文明博物館 (シテ・デュ・ヴァン/Cité du Vin)。ボルドー、ガロンヌ川のほとりに6月に開館しました。ワインの香りを立たせるためにグラスでスワリングする様子を模した外観が特徴的です。20種のマルチメディアインスタレーションを持つ博物館の展示は、ワインに詳しいソムリエをはじめ、観光客をも魅了することでしょう。

パリのフォンダシオン・ルイ・ヴィトン (Fondation Louis Vuitton) は、21世紀の建築界で画期的な偉業を成し遂げたと言っても過言ではありません。実業家ベルナール・アルノーが建築家フランク・ゲーリーに設計を依頼した建物は、内部の芸術作品に劣らず美しい外観を誇ります。ブローニュの森の美しい緑に囲まれ、水を効果的に使ったガラス張りの建物は必見です。 

装飾芸術美術館 (Musée des Arts Décoratifs) は、豪奢なフランスのファッションに憧れてパリを訪れる旅人にとってパーフェクトな場所です。ルーブル宮の中にあるこの美術館には、ファッションと調度品としては最高峰の逸品が展示されています。今年の夏には、バービー人形の歴史やマテル社の過去のアイテムを回顧する「バービー展」が開催されます。

ニースのマティス美術館 (Musée Matisse) は、巨匠アンリ・マティスの珠玉の作品を所蔵する美術館。ここは、マティス自身が晩年を過ごし、多大な影響を受けた場所です。日常から乖離した空気感と、ニースらしい海辺の風景が、美術館の壁に飾られています。 

もうひとつ有名な港町・マルセイユにある地中海文明博物館 (MuCEM) をご紹介しましょう。ここは、地中海文明だけを扱った博物館です。繊細でレースのようなコンクリート製のケースが博物館本体を覆っているため、入り組んだ影が内部にかかり、大海の気分を味わえる仕組みになっています。

世界のエキゾチックな旅先を紹介する、トラベルガイドシリーズをご覧ください。ここでしか読めない情報が満載です