ヴェネツィアにて、トム・クレイグと旅への愛に再び火をつけて

Global Menu
Search

現在ご覧になっているサイト:

グローバル
DFSアカウントにアクセス

ヴェネツィアにて、トム・クレイグと旅への愛に再び火をつけて

グローバル Photo-6-10-2016,-16-07-53_1024x700.jpg

ヴェネツィアにて、トム・クレイグと旅への愛に再び火をつけて
トム・クレイグさんは、写真や映像を通じて他を圧倒する高みにまで上り詰めたことで、ハイファッションや他の分野でも激賞される存在。有名なラグジュアリーブランドのポートレートやキャンペーンの撮影を担当したり、今をときめくセレブリティたちの姿を映像に収めたりするだけでなく、写真家、ディレクター、映像作家としての才能を発揮して、ノーベル平和賞やアカデミー賞の受賞者とのコラボレーションで世界を飛び回っています。さあ、彼のレンズや体験を通じて、ヴェネツィアの魔法と神秘を感じ取りましょう。DFS独占です。 

ヴェネツィアについて心を奪われたり、感動したりしたことは何ですか? 
奇妙だけど、タイムスリップしたみたいな感じだね。現代的なものをすべて見ないようにして、自分が17世紀のヴェネツィア人になったかのような空想を楽しんでる。

このキャンペーンでいちばんワクワクしたことは何ですか?
「場所が感じるままに」というテーマで映像を制作するというアイデアはよかった。ヴェネツィアにいて、クリエイティブな自由を持つことの幸せは、ある種の特権だね。

世界を旅することは仕事でのクリエイティビティに影響していますか? 
仕事と旅を切り離して考えたことはないよ。私はいい教育を受け、いい大学に通い、文学や芸術、映画が好きな家族と暮らすという恵まれた環境にいたけれど、旅が教えてくれたことがいちばん多かった。

あなたにとって旅とは?
究極だけど、全体として人々は善良であり、世界は素晴らしいということを思い出させてくれるのが旅だと思う。

ヴェネツィアに着いて驚いたことをひとつ挙げるとしたら?
カナル・グランデにゴンドリエーレ (船頭) が落ちたこと。

ヴェネツィアを訪れたことがない人に、ヴェネツィアの雰囲気を伝えるとしたらどう説明しますか?
懐中時計を開いて、穴に落ちていったような場所。

映像と写真の撮影でいちばん大きな違いは何ですか?ヴェネツィアのような都市では、どちらかの手法に妥当性があるということはありますか? 
映像なら音と画を組み合わせられるから、どちらも豊かなヴェネツィアには向いている。次は、匂いも一緒に収めに来たいよ。

このキャンペーンの撮影中、ヴェネツィアでいちばんカメラに収めておきたい要素は何でしたか。
思い出は、経験を蒸留したものだと思う。思い出のように感じた映像を作るという考えが気に入っていたな。

1つのキャンペーンで2人が旅する様子を撮影するのはいかがでしたか?
2倍良かったよ。

撮影中、ヴェネツィアで特に興味を引いたり、好奇心がそそられるような知識を得ましたか?
ここ10年、ヴェネツィアでは殺人が起こってないことを知った。 

ヴェネツィアで観光客におすすめの撮影スポットはありますか? 
本当に、フォンダコ デイ テデスキの屋上は私が見たヴェネツィアの景色の中で一番素晴らしい眺めだった。

ヴェネツィアから持ち帰るものの中でもっとも重要なのは何ですか。
この映像だよ、間違いなくね。

グローバル PR-visual_horizontal_EN_F-(1).jpg_1024x700.jpg