Judith Leiber マカオ | ブランド

DFSアカウントにアクセス

現在ご覧になっているサイト:

マカオ
お客様のアカウントを削除しました。
マカオ Judith Leiber Judith Leiber,
ハンガリーのブダペストで生まれ育ったジュディス・リーバー(Judith Leiber)は、第二次世界大戦中にハンドバッグの制作を学びました。1974年には、リーバー夫人は夫のガーソンと共に米国に移住。1963年、リーバー夫妻はハンドバッグ会社を設立。その後35年間で、小規模だった事業を高級アメリカブランドへと成長させ、1998年に夫妻は引退して事業を売却しました。そして今年、同社は創業51周年を迎えています。ジュディス・リーバーJudith Leiberブランドの特徴であるクリスタルの伝統。そのきっかけは、リーバー夫人が友人へのプレゼントとしてイタリアから郵送でミノディエール(小型のパーティーバッグ)を取り寄せ、そのバッグに傷を見つけたことでした。リーバー夫人は傷を隠すためにバッグをクリスタルで飾り、その結果、ビーズ飾りのミノディエールが誕生したのです。ジュディス・リーバーのミノディエールは、ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館、ニューヨークのメトロポリタン美術館、ワシントンD.C.のスミソニアン博物館、ヒューストン美術館、ロサンゼルス・カウンティ美術館などの世界各地の博物館や美術館で常設展示されています。このブランドは、約50年にわたってハリウッドスターに愛されているほか、1963年以来、ほぼすべてのファーストレディーが大統領就任式でオーダーメイドのジュディス・リーバーのバッグを携えています。現在、ジュディス・リーバーのクリエイティブディレクターを務めているのはヤナ・マチソン(Jana Matheson)です。マチソン夫人は、カウンシル・オブ・ファッション・デザイナーズ・オブ・アメリカ(CFDA)の会員であり、業界賞の受賞者です。彼女はジュディス・リーバーブランドの新たなビジョンを創出する一方で、リーバー夫人の伝統と斬新さが生きるデザインを守り続けるという任務が与えられています。ラグジュアリー市場における彼女の知識と経験は群を抜いており、そのグローバルな視点で、ブランドをさらに高いレベルへと導くことでしょう。

お取り扱いショップ

大西洋を横断する旅でも、都会の喧騒を感じる旅行でも、旅に出たら当社を表す赤い丸のマークを探して、ファッション&アクセサリー、化粧品&フレグランス、ウォッチ&ジュエリー、ワイン&洋酒、フード&ギフトから世界最高のアイテムを取り揃える環境でのお買い物をご堪能ください。