ダイバーズウォッチ入門 沖縄

DFSアカウントにアクセス
現在ご覧のエリア
沖縄
お客様のアカウントを削除しました。

ダイバーズウォッチ入門

パート1:ダイバーズウォッチの定義と歴史

 

パート1:ダイバーズウォッチの定義と歴史

 

ダイビング初心者でも、ベテランダイバーでも、ダイバーズウォッチを持つのはおすすめです。主な機能はダイブコンピューターに追い抜かれた感がありますが、ダイバーズウォッチには水深や潜水時間の計測にとどまらない魅力があります。ダイバーズウォッチは見た目がかっこいいアクセサリーであり、多くのウォッチが素敵な物語を持っているのです。

 

中には「丘ダイバー」、つまりダイバーズウォッチをダイビング以外の活動で使う人もいるでしょう。その着眼点が鋭いのは、ダイバーズウォッチはデザインの美しさを別にしても、機能の水準が非常に高度である点です。水圧や圧力に耐える力が備わっているのであれば、陸でもその信頼性は申し分ないということでしょう。これはまさに最上のオルロジュリーであり、たとえ時計に詳しくなくても評価できる芸術品です。

 

ダイビング初心者でも、ベテランダイバーでも、ダイバーズウォッチを持つのはおすすめです。主な機能はダイブコンピューターに追い抜かれた感がありますが、ダイバーズウォッチには水深や潜水時間の計測にとどまらない魅力があります。ダイバーズウォッチは見た目がかっこいいアクセサリーであり、多くのウォッチが素敵な物語を持っているのです。

 

中には「丘ダイバー」、つまりダイバーズウォッチをダイビング以外の活動で使う人もいるでしょう。その着眼点が鋭いのは、ダイバーズウォッチはデザインの美しさを別にしても、機能の水準が非常に高度である点です。水圧や圧力に耐える力が備わっているのであれば、陸でもその信頼性は申し分ないということでしょう。これはまさに最上のオルロジュリーであり、たとえ時計に詳しくなくても評価できる芸術品です。

 

沖縄 dfs-editorial-story_202107_wja-dive-watch_editorial-story_01@2x.png

歴史

 

ダイバーズウォッチは、海に潜る人たちが実用のために使い始め、その後、戦闘潜水員も着用するようになりました。1926年、ロレックスが設計した「オイスター」はケースの密閉性が確保され、世界初の防水腕時計として知られるようになります。この主張を実証するため、イギリス海峡を泳断する挑戦を続けていたメルセデス・グライツというイギリス人スイマーが一度、この時計を首にかけて挑みました。ロレックスのこの時計は、凍えそうに冷たい海に10時間さらされていてもその密閉性は保たれたままで、その間完璧に機能していたのです。

 

しかし、商流向けのダイバーズウォッチを製造したのはオメガで、1932年に「マリーン」を発売しています。この角型の腕時計は、特許を取得したダブルケースをコルクで密閉し、ムーブメントにさまざまな外的要素を侵入させない構造になっており、さらに水深最大135メートルの防水性能も備えていました。

 

1935年にはイタリアのメゾン、パネライが市場に参入。イタリア海軍の要請により、防水の夜光時計を特殊部隊向けに製作しています。その結果として生まれたのがアイコニックな「ラジオミール」シリーズ。ラジオミールは文字盤に使うラジウムベースの発光塗料につけた名称です。

 

ブランパンのダイバーズウォッチも軍とは切っても切れない歴史を歩んできました。防水性能を備えたフィフティ ファゾムスはアメリカやフランスをはじめ、さまざまな国の海軍に納められています。しかしカルチャー面で特筆すべき宣伝効果があったのは、著名な海洋探検家であり自然保護論者のジャック・クストーが、1956年のカンヌ映画祭でパルムドールを受賞した記録映画『沈黙の世界』において、他のダイバーと共にフィフティ ファゾムスを着用していたことです。ブランパンはその後も、テレビスターのロイド・ブリッジスがフィフティ ファゾムスを着用して『Skin Diver』誌に登場したことで、アメリカ文化の時代精神に入り込んでいきます。現在に至るまで、フィフティ ファゾムスは最新モデル「オートマティック」にもこの遺産を受け継いでおり、オートマティックには自社製ムーブメント1315が搭載され、最大300メートル防水と120時間のパワーリザーブが備わっています。

 

ダイバーズウォッチの条件とは? 

 

本物のダイバーズウォッチとして考えるなら、ISO 6425に準拠する必要があります。この規格では、少なくとも100mの潜水に耐えられること、潜水時間を実際より短く表示する危険を防ぐ逆回転防止ベゼルを装備していること、視認性として暗所で25cmの距離から文字盤の時刻などが読み取れること、ストラップの耐久性が高いことといった基準を満たさなければなりません。もちろん他にも注意すべき点はありますが、この条件は必須です。ただし、すべての高級ダイバーズウォッチがISO 6425の事項にもれなく準拠しているわけではありません。それでもダイビング用途に広く使われています。

 

パート2 では、ダイバーズウォッチ選びに大事なことを解説します!

 

CHECK OUT PART 2

歴史

 

ダイバーズウォッチは、海に潜る人たちが実用のために使い始め、その後、戦闘潜水員も着用するようになりました。1926年、ロレックスが設計した「オイスター」はケースの密閉性が確保され、世界初の防水腕時計として知られるようになります。この主張を実証するため、イギリス海峡を泳断する挑戦を続けていたメルセデス・グライツというイギリス人スイマーが一度、この時計を首にかけて挑みました。ロレックスのこの時計は、凍えそうに冷たい海に10時間さらされていてもその密閉性は保たれたままで、その間完璧に機能していたのです。

 

しかし、商流向けのダイバーズウォッチを製造したのはオメガで、1932年に「マリーン」を発売しています。この角型の腕時計は、特許を取得したダブルケースをコルクで密閉し、ムーブメントにさまざまな外的要素を侵入させない構造になっており、さらに水深最大135メートルの防水性能も備えていました。

 

1935年にはイタリアのメゾン、パネライが市場に参入。イタリア海軍の要請により、防水の夜光時計を特殊部隊向けに製作しています。その結果として生まれたのがアイコニックな「ラジオミール」シリーズ。ラジオミールは文字盤に使うラジウムベースの発光塗料につけた名称です。

 

ブランパンのダイバーズウォッチも軍とは切っても切れない歴史を歩んできました。防水性能を備えたフィフティ ファゾムスはアメリカやフランスをはじめ、さまざまな国の海軍に納められています。しかしカルチャー面で特筆すべき宣伝効果があったのは、著名な海洋探検家であり自然保護論者のジャック・クストーが、1956年のカンヌ映画祭でパルムドールを受賞した記録映画『沈黙の世界』において、他のダイバーと共にフィフティ ファゾムスを着用していたことです。ブランパンはその後も、テレビスターのロイド・ブリッジスがフィフティ ファゾムスを着用して『Skin Diver』誌に登場したことで、アメリカ文化の時代精神に入り込んでいきます。現在に至るまで、フィフティ ファゾムスは最新モデル「オートマティック」にもこの遺産を受け継いでおり、オートマティックには自社製ムーブメント1315が搭載され、最大300メートル防水と120時間のパワーリザーブが備わっています。

 

ダイバーズウォッチの条件とは? 

 

本物のダイバーズウォッチとして考えるなら、ISO 6425に準拠する必要があります。この規格では、少なくとも100mの潜水に耐えられること、潜水時間を実際より短く表示する危険を防ぐ逆回転防止ベゼルを装備していること、視認性として暗所で25cmの距離から文字盤の時刻などが読み取れること、ストラップの耐久性が高いことといった基準を満たさなければなりません。もちろん他にも注意すべき点はありますが、この条件は必須です。ただし、すべての高級ダイバーズウォッチがISO 6425の事項にもれなく準拠しているわけではありません。それでもダイビング用途に広く使われています。

 

パート2 では、ダイバーズウォッチ選びに大事なことを解説します!

 

CHECK OUT PART 2

1false1 false 2false2 false 3false3 false 4false4 false