アイケア入門  

デリケートな目元を守り、明るくなめらかに整える方法 

スキンケアの分野において目元のケアは長い間おろそかにされてきましたが、テクノロジーに依存した現代の生活習慣によって、目はこれまで以上にダメージを受けやすくなっています。目の周りは顔の他の部分より皮膚が薄く、皮脂の分泌が少ないため、しわやむくみ、クマ、乾燥に悩まされやすい場所です。画面に向かう時間が長くなるほど、目元専用のスキンケア習慣が重要になります。

幸いにも、ライフスタイルのちょっとした見直しから優れたアイトリートメント製品の活用まで、生き生きとした明るい目元へ導くために工夫できることはたくさんあります。おすすめの方法をご覧ください。

美容のための睡眠 
dfscom_stories_global_202211_beauty_eye-care-101_01-beauty-sleep.jpg

過度なクマやむくみを防ぐためには、十分な休息が欠かせません。最低7時間は睡眠時間を確保するように努め、水分が顔に溜まらないように頭を少し高くして寝ましょう。

光対策 
dfscom_stories_global_202211_beauty_eye-care-101_02-light-therapy.jpg

ブルーライトを浴び続けると肌(特に目元の肌)の健康に悪影響があることを多くの研究が示しています。一日中画面に向かう方は、ブルーライトから保護するメガネをご検討ください。目をぎゅっと細めないようにしたり、紫外線のダメージを防いだりするために、屋外では偏光サングラスも必須です。

目元を冷やす 
dfscom_stories_global_202211_beauty_eye-care-101_03-chill-out.jpg

睡眠不足のときや目元に水分が溜まっているときは、氷をモスリンに包み、目の下とまぶたを目頭から目尻に向かってやさしくマッサージしてください。冷やすことで血流を抑制して炎症を改善できるだけでなく、溜まった水分をマッサージで流せるので、すっきりとリフレッシュできます。

目的に応じたトリートメント 
dfscom_stories_global_202211_beauty_eye-care-101_04-targeted-treatment.jpg

幸いなことに、最近では化粧品ブランド各社がシンプルなアイクリームのみならず、具体的な悩みに特化したトリートメントセラムを販売しています。深いシワやたるみには、肌の引き締め効果があるこってりとしたタイプを選びましょう。人気があるのは、タタ ハーパーのエリクサー ヴァイティ アイ セラム。肌を引き締め、ハリを与えて明るく輝かせる、優れた植物成分が配合されています。

むくみを抑えて明るい目元を実現させるなら、クラランスのダブル セーラム アイもおすすめです。ワイルドチャービルとターメリックを配合した軽やかでみずみずしい美容液が、エイジングの初期サインを改善します。効果を最大限に引き出すには、洗顔後の肌になじませてから、クリームやモイスチャライザーをつけるとよいでしょう。 

アイクリームを省略しない 
dfscom_stories_global_202211_beauty_eye-care-101_05-dont-skip-eye-cream.jpg

近年は目的別のトリートメント製品が充実していますが、肌に栄養を与えながら瞬時になめらかに整え、有効成分を閉じ込めるためには、やはりアイクリームが重要です。肌が薄くて乾燥しやすい方には、ランコムのアプソリュ アイクリーム(ローズエキスを配合した濃密でなめらかなアンチエイジング フォーミュラ)やアウグスティヌスバデールのザ・アイクリーム(同ラインのフェイスクリームにも使われるトリガーファクターコンプレックスを配合)がおすすめです。エスティ ローダーから登場したアドバンス ナイト リペア アイ ジェル SMR コンプレックスは、軽やかでなめらかなテクスチャーが肌にうるおいを与えながら鬱血を解消し、クマを劇的に改善します。

肌の修復を促して小じわを目立たなくさせるペプチドも、おすすめの有効成分です。ペプチドを配合したマリン アンド ゴッツのリバイタライジング アイクリームは、心地良いフォーミュラによって脂肪酸が肌に浸透し、たるみやゆるみを防ぎます。ラグジュアリーなブランドを好むなら、ドゥ・ラ・メールのザ・アイ コンセントレートも忘れてはいけません。ブランド独自のミラクルブロス™が配合されており、肌を癒やしながら、シルキーなテクスチャーで瞬時にふっくらとした肌へと導きます。

サポートが必要ですか?今すぐチャットする!