ジュエリーの重ね付けのコツ

4つのスタイリングハック

ごく些細なことが大きなインパクトを生むことは、よくあります。ジュエリーの場合、主役級のワンアイテムにこだわるというより、重ね付けが活きるデザインを自分に合わせて上手に選ぶことが重要になります。

スタイリングに関する多くの事柄と同様に、絶対的なルールはありませんが、重ね付けジュエリーの旅を始めるにあたってプロの助言をお探しでしたら、ぜひご一読ください。

1. 密度のバランスを見つける
dfscom_stories_global_202205_May_How-To-Layer-Jewellery-Now_Balance-between-densities.png

コントラストをつけ、バランスをとるには、太めのジュエリーと細めのジュエリーを組み合わせてみましょう。分厚いリングを3つも4つも付けるのはやり過ぎかもしれませんが、1つの主役級ジュエリーに対して2つ、3つ、または4つの繊細で可憐なリングと組み合わせると、美しく見えます。多少の試行錯誤が必要かもしれませんが、めげずにトライしてみてください。

2. フォーカルポイント(注視点)を散りばめる
dfscom_stories_global_202205_May_How-To-Layer-Jewellery-Now_Focal-points.png

ネックレスは長さごとにきっちり分ける必要はありません。少しバラバラなほうがシックで、それぞれ違う場所に下がっていることで、それぞれの良さが引き立ちます。ペンダントやチャームのディテールは、レイヤーの中にいくつか注視点を追加する方法としても最適です。さらには、チェーンが絡まないようにする働きもあります。

3. 地金や素材で遊ぶ
dfscom_stories_global_202205_May_How-To-Layer-Jewellery-Now_Metals-and-Materials.png

地金の色を混ぜてはいけないという時代遅れのルールは捨てて、ゴールド、シルバー、ローズゴールドを一緒に使いましょう。また、ジェムストーンやレザーなどの素材をミックスして、自分だけのスタイルを作ることもできます。ダイヤモンドなどのアクセントを複数使うなどして、全体的な相乗効果を意識すると、まとまりが生まれ、ちぐはぐな印象にならずに済みます。

4. 高く積み上げる

dfscom_stories_global_202205_May_How-To-Layer-Jewellery-Now_Stack-it-up-high.png

イヤリングは、重ね付けすることで長さと高さを出すことができます。その人の耳の位置と形によって、いくつのイヤリングを付けることができるかが決まりますが、最終的にいくつ付けるにしても、最も簡単なスタイリングのコツは、カスケーディング(階層式)ルールです。つまり、耳たぶの部分は大きく太めのものを、そして耳の上に行くほど、小さく引き締まったサイズを選びましょう。

重ね付け用のジュエリーをお探しですか?DFSが厳選した魅惑のジュエリーコレクションをぜひご覧ください。