パヴェが切り開く新しい道

プチダイヤモンドがジュエリー界を席巻している理由

普段使いのダイヤモンドの流行に伴い、ジュエリーの世界では、存在感のある大きな石を使ったアイテムから、繊細で優美な輝きを放つアイテムへと移行する動きが見られます。パヴェジュエリーや極めて繊細なマイクロパヴェジュエリーの人気が高まっているのも、不思議ではありません。パヴェ(pavé)とは、フランス語で「石畳」を意味する言葉で、道路に敷き詰められた小石に似ていることから、その名がつきました。パヴェジュエリーは、いくつかの小さな宝石で構成されています。多くの場合、ダイヤモンドが使用され、ほとんど目に見えないくらいの小さな金属のビーズでしっかりと固定されています。

dfscom_stories_global_202207_Pave-Jewelry_1.jpg

この技術には、多くの魅力があります。まず、身につけやすいことです。他のジュエリーとの重ね付けがしやすく、また、とても繊細なのでさまざまなドレスコードに合わせることができます。しかし魅力はそれだけではありません。パヴェジュエリーは驚くほど高い輝きを放ち、その輝きに匹敵する大粒のストーンはほとんど存在しません。パヴェジュエリーは、かすかに動くたびに光を透過させてより多くの屈折を生み出すことで、美しく豊かに、きらびやかな輝きを放ちます。また、パヴェセッティングのジュエリーは多くの場合、大ぶりなジュエリーに比べて、お財布に優しいというメリットもあります。しかし、その手の届きやすさにもかかわらず、セレブリティやプリンセスたちはこぞってパヴェスタイルを取り入れています。例えば、Z世代に大人気のシンガー、オリヴィア・ロドリゴは、今年のメットガラでパヴェのアクセントをチョイスしました。また、ケンブリッジ公爵夫人は、控えめでありながら洗練された彼女の美意識と見事に調和するパヴェスタイルを常に選んでいます。

dfscom_stories_global_202207_Pave-Jewelry_2.jpg

今シーズンのDFSのパヴェスタイルの品揃えは、どなたにも満足いただけるものになっています。複雑で丹念な細工がお好きな方には、ブチェラッティの細やかなトゥールラッジエーラがおすすめです。結婚の記念になるものをお探しですか?ピアジェのPossessionウエディングリングは、時代を超越したパヴェ装飾が施され、生涯にわたって身につけるにふさわしいものです。重ね付けに最適な普段使いのネックレスをお探しでしたら、デビアスのデュードロップ メダリオン ネックレス、メシカのムーヴ ウノ パヴェ スタイル、そしてショパールのプレシャスレース ヴァーグ ネックレスなどがおすすめです。また、ダイヤモンドを散りばめたブルガリのビー・ゼロワン ネックレスは、隆盛を誇るY2Kトレンドに敬意を表した一品で、2000年を迎えるにあたって初めて発表されたコレクションにインスパイアされています。美しく輝くこれらの新しいアクセサリーのどれを選んでも、「ダイヤモンドは大きければいいというものではない」という考えを強くすることでしょう。

DFS厳選の普段使いのダイヤモンドとパヴェジュエリーをチェック

サポートが必要ですか?今すぐチャットする!