ロード中です...
目的地のストアを探す DFS ギャラリア ケアンズ
目的地のストアを探す DFS ギャラリア ケアンズ

他のストアをお探しですか?国旗をクリックしてください。

目的地のストアを探す DFS ギャラリア ケアンズ 他のストアをお探しですか?国旗をクリックしてください。

ニューヨーク

ステキな旅人が教えるニューヨークガイド

ニューヨークの地に降り立って以来、トップモデルのザオ・レイさんは、映画に出演し、モデル界のランキングを上位に駆け上り、故郷に帰ることなく、エキサイティングなニューヨークの街で過ごしてきました。ミッドタウンのギャラリーをぶらぶらしても、ブロードウエイでショーを見ても、新しいレストランにトライしてみても、何かいつも発見があります。「多様な人々が混ざった大都会だし、歴史と文化が幾層にも重なっている街。この街を知りたいなら、あちこち歩いて回るのが一番だね。」とランウエイの常連モデルは語りました。

ザオ・レイのオリジナルニューヨークガイドを見る

ビッグアップの一かじり

恐らく世界で最もドキドキさせてくれる都市が、ニューヨーク市。訪れるすべての人に対して、何かしらのものを与えてくれます。ニューヨークは、そのみなぎる活気とランドマークである建築物の他に、個性豊かな5つの区を通じて日々その姿を変えています。あなたがスポーツ愛好家であろうと、ニューヨーク・カルチャー好きであろうと、夜遊び好きであろうと、グルメ愛好家であろうと、心地よく遊び疲れることでしょう。眠らない街は、変化を止めない街でもあります。自分の足で街を散策する時間を是非作ってください。シンプルで美しく区切られた街のレイアウトで、楽しいアクティビティになることでしょう。

持ち物チェックリスト

シューズ・靴:快適な靴により、スイスイと街中を歩くことができ、公園散策だけでなく、ストリートごとに変化するニューヨーク市のシーンを楽しむことができます。しかしもっと洗練されたエリア・場所では厳格なドレスコードを設けているので、おしゃれな靴を持参することも忘れずに。

サングラス:気温は年中違いますが、太陽はシーズンを通して照りつけます。

温かい冬服:ニューヨークの天気は夏には蒸し暑く、冬には厳しい寒さとなり、極端になるかもしれません。温度が低下したときはみぞれと雪がよく降るので、マフラーや手袋などの防寒具が必需品です。


便利なフレーズ

Bridge and tunnel (ブリッジ・アンド・タネル)= 公害居住者を指し、未知の危険と数え切れない困難をくぐり抜けて、マンハッタンの素晴らしいソーシャル・シーンを見て楽しむ人たち。

Ave(アヴェまたはエイヴ) = 南北に伸びるアヴェニュー(Avenue)の一つをいいます。5番街(Fifth Avenue)はこういいません。アベニュー・オブ・ザ・アメリカス(Avenue of the Americas、6番街の別称)は、絶対にこう言いません。

Howston (ハウストン)= ヒューストンの正しい発音の仕方。例えば、「ハウストン・ストリート(Houston Street)」。テキサス州出身者にぜひ教えてあげてください。   

The Village (ザ・ヴィレッジ)= 市のイーストヴィレッジ(East Village)地区も、ウェストヴィレッジ(West Village)地区も指しません。

地元の人からのワンポイント・アドバイス

車は放置:交通渋滞がひどく、駐車場を探すのがとても難しいため、真のニューヨーカーは、自分で車を運転することよりも、地下鉄、バス、タクシー、そして果てには徒歩で歩くことを好みます。ニューヨークの象徴ともなっている、黄色いタクシーに飛び乗るつもりの人は、午後4時はとても悪いタイミングだということを覚えておいて。この時間帯に、ほとんどのタクシーがシフトを交代するからです。

道と道の間:アベニュー(~街)やストリートが長く縦横に走っているので、住所は通常、都市の碁盤目状の区画に沿って、両側の道の名前を参照しながら呼びます。例えば、「56th between Fifth and Madison」(5番街とマディソン街の間の56番ストリート)、といった具合です。

ニューヨーカー:一般的な見られ方とは対照的に、ニューヨーカーは、とてもフレンドリーです。ただ時間に追われているので、旅行者には不愛想に見えるかもしれません。スイッチのオンとオフがはっきりしているのが、ニューヨーカーなのです。

見る
「ブロードウェイ・ボックス(Broadway Box)」と呼ばれる区域の外に位置する、そこまでよくは知られていない劇場で、将来的にレジェンドとなるような演劇が、ひっそりと上演されているかもしれません。
もっと読む >
食べる
シェフのアンドリュー・カルメリーニ(Andrew Carmellini)氏と料理長のダモン・ワイズ(Damon Wise)氏がプロデュースする、カジュアルなフレンチ・ビストロのレストラン。この美味しいレストランは、マンハッタン区のノーホー(NoHo)にあります。
もっと読む >
飲む
キッチュ、キュート、そして時折ひどくお茶目。
もっと読む >
泊まる
このエレガントなサンクチュアリは、最高のロケーションその他を誇り、セントラルパークやミュージアム・モールのすぐ近くにあります。
もっと読む >
見る
マンハッタンばかりにどっぷり浸らないように。外の区(Borough)がニューヨーク市の多様で片意地貼らない側面も見せてくれるでしょう。
もっと読む >
食べる
「EMP(レストランの略称)」で供される美しいプレートの数々は、手が付けられないほどに見事で、シェフのダニエル・ハム(Daniel Humm)氏とそのチームが手掛けた至上の芸術作品を台無しにするのが怖いぐらい。
もっと読む >
飲む
以前入居していたMilk & Honeyというバーをリフォームした、Attaboy。Milk & Honey時代のバーテンダー、マイケル・マッキロイとサム・ロスがオープンしたバーです。
もっと読む >
泊まる
ニューヨーク市の象徴の一つで、卓越したホテル。ホテル経営者であるアンドレ•バラージュ(André Balazs)氏の手による18階建てのタワーホテルは、ホテルのスタンダード(基準)を引き上げています。
もっと読む >
見る
1976年から続くニューヨークの最大かつ最高の屋外マーケットは、最高品質の有機食品や自家製の農産物の見本市です。
もっと読む >
食べる
1888年にオープンした、この控えめなニューヨークの父のような存在は、控えめに言っても市を象徴するようなものです。食べ物からその創業者に至るまで、すべてがオーセンティックな風味を帯びています。
もっと読む >
飲む
街の最初の最高級ホテルの中にある、時代が変わってもその姿を変えないバー。そこは社交界と世界の指導者達のたまり場であり続けています。
もっと読む >
泊まる
緑豊かな地区にあるこの歴史的ホテルは、都心のど真ん中に位置するロケーションにあるにもかかわらず、マンハッタンの秘密の隠れ家にいるような気分にさせてくれます。
もっと読む >
見る
スポーツに熱をあげているかどうかを問わず、これらの伝説的なスタジアムで、屈強なアメリカン・スピリットの地響きを感じてください。
もっと読む >
食べる
ナパ・ヴァレー(Napa Valley)にある有名店「フレンチ・ランドリー(French Laundry)」を都会的な視点から解釈した、パ・セ。過去に米国から排出された最高のシェフの中の一人、トーマス・ケラー(Thomas Keller)氏によるプロデュース。
もっと読む >
飲む
古い時代のサロンのスタイリッシュな一場面に足を踏み入れてみてください。アメリカン・ギャングは静かにしているかもしれませんが、カクテルにはパンチが効いています。
もっと読む >
泊まる
石畳のソーホー・ストリートを歩いて英国の趣を探してみて。キッチュでクールな紳士とすれ違うことも。
もっと読む >

どのストアをご希望ですか?

国を変更された場合、ウィッシュリストに保存されたアイテムは取り消されます。

シンガポールとムンバイの空港 では、「ショップ&コレクト」がご利用いただけます。
ショップ&コレクト