アタボーイ(Attaboy)

Global Menu
Search

現在ご覧になっているサイト:

グローバル
DFSアカウントにアクセス

アタボーイ(Attaboy)

グローバル Desk_924x530px_DRINK-Whisky.jpg
この禁酒法時代にもひっそりと営業を続けていた酒場は、伝説的なカクテルバーの精神を維持しながら、現代的なテイストを加えてアレンジされました。ボードがメニュー代わりに置かれていて、市場の食材が書き連ねられています。たとえば、バートレット種の洋梨を変わり種としてオーダーしてみては。人々は、この社交場が多分(might be)ニューヨークにとっての本拠・Homeではないかとぶつぶつ言っています。けれども典型的なニューヨークスタイルでは、批評家はあえて全会一致をしないのが流儀です。そんな風なので、識者達は、「多分(might be)」と使うのです。これは、ニューヨーカー流の「(現実を離れた)想像上の世界では」という表現スタイルなのです。
アタボーイ(Attaboy)
134 Eldridge Street, (between Broome & Delancey Streets), NY 10002