マンハッタン区以外

マンハッタン区以外

グローバル Desk_924x530px_SEE-BeyondManhattan1.jpg
スタテンアイランド区、ブルックリン区、ブロンクス区やクイーンズ区などのマンハッタンの外の区域は、ニューヨークを体験する上で欠かせません。スタテンアイランド・フェリーに乗って、ロウアー・マンハッタン(Lower Manhattan)の高層ビル群を横目に見ながら、風情な旅の始まりとしてみては。ブルックリン区は、家賃の上昇によってマンハッタンから追い出されたクリエイティブな人たちのメッカとなりました。そしてそこは、ヴィンテージショップ、ロッククラブ、カジュアルな食文化そして更に多くのものを擁する正真正銘のヒッピー文化のメッカであり、また歴史的な観光地でもあるのです。ヒップホップの本場であるブロンクス区には、身体が踊りだすようなきびきびとした躍動感があふれ、またかぶりつきたくなるような本場のイタリア料理、プエルトリコ料理やドミニカ料理のレストランがひしめいています。けれども本当にアメリカの多文化主義を味わいたい人は、世界で最も多様な人種が居住している都市部である、クイーンズ区に足を運んでみてください。