セントラルの見学

Global Menu
Search

現在ご覧になっているサイト:

グローバル
DFSアカウントにアクセス

セントラルの見学

グローバル Desk_924x530px_SEE-Central.jpg
金融センター街の始点は1912年建造の最高裁判所を東に位置する皇后像広場です。スポットシティホールとプリンスビルディングは1950年代と1960年代上期の建築様式で造られています。南端には、ノーマン・フォスター卿による有名な香港上海銀行の建物が威厳を放っており、その脇にはオールドバンク・オブ・チャイナの建物が見えます。この銀行を守護しているのが前面に置かれたブロンズの獅子像ですが、この像は旧日本軍よる銃弾の跡が残っています。歩いて行ける距離にあるのが緑豊なバッテリーパスです。この道は赤レンガの旧フランスミッション、セントジョンズ大聖堂、極東最古の英国国教会へと続きます。