竹富島

Global Menu
Search

現在ご覧になっているサイト:

グローバル
DFSアカウントにアクセス

竹富島

グローバル Desk_924x530px_SEE-Taketomi-Island.jpg
非常に小さく、とても離れた距離にある竹富島は、沖縄の伝統文化のタイムカプセルです。ここでは自動車は許可されておらず、牛が引く牛車が地元民の足として使われています。まばゆい粘土瓦屋根とシーサーで彩られた、伝統的な沖縄式の二階建て住宅。そのままの形で保存されたそれら建築物は、日本の伝統的な生活はどんなだったか、と思いをはせることができます。人口はわずか300人ばかりで、絵葉書に描かれているような島での生活は、都会の喧騒とは無縁のしずかな時間が流れていることに、誰も驚きはしないでしょう。しかしその様子もあいまって、島をぐるりと取り囲むのどかな白い砂浜を渡り歩き、貸自転車にまたがり村を風で切るというただそれだけのことで、まるで違う世界にスリップしたかのような感覚を覚えます。