L'Occitane en Provence ロクシタン

すべてはプロヴァンスのマルシェで始まりました。蒸留器と小型のトラックだけを携えた23歳のオリビエ・ボーサンは、植物に関する豊富な知識を武器に、ローズマリーのエッセンシャルオイルを蒸留して、地元で売り始めました。彼はオイルやソープ、クリームと生産を拡大し、育った土地からインスピレーションを得ながら、世界中の家に自然の美しさをもたらしました。ロクシタンは、コルシカ島のイモーテル畑からプロヴァンスのラベンダー畑まで、140以上の農家、10,000人以上の収穫従事者と直接取引しており、可能な限りサステナブルな方法で調達された最高品質の原材料を用いています。

店舗案内